遠音

Northern Lights Records Epta 312 Studio


Northern Lights Records Epta 312 Studioは「遠TONE音」(箏、尺八、ギター)によるアンサンブルグループのリーダー(尺八担当)の三塚幸彦が運営する、邦楽器に特化したレコーディングスタジオです。

多くのスタジオや録音機材、そしてレコーディングエンジニアのノウハウが洋楽器をターゲットしているため、遠TONE音もなかなか思い通りの録音を行うことが出来ませんでした。

そのような経験から、邦楽器を演奏者の立場から、よりよい音質で録音するための録音機材選定、録音技術の確立を目指して来たスタジオです。 是非、気持ちの良い邦楽器の音質をご自身の耳でご確認ください。

studio1

Northern Lights Records エプタ312スタジオ
東京都狛江市和泉本町1丁目7-16
[小田急小田原線/狛江駅 徒歩9分]

studio hall
当スタジオでのレコーディング例
2〜4人程度の小編成レコーディングが可能です。
ホール使用の出張レコーディング例
当スタジオ地下にあるホール、エプタザール使用の例です。


大きな地図で見る
※地図のAはエプタ内のホール(エプタザール)を示しています。エプタ312スタジオは右手の建物内です。